購入代金にキャッシングと返済クレジットどちらがトク

一般的に何かの商品を購入するときに、資金が足らないときに資金調達のためにキャッシングするか、あるいは返済クレジットの方法で行うことがあります。いずれを使用したほうがトクかは、その手数料である金利に依拠しますのでその金利によりお得に差がでます。一般にキャッシングはクレジットカードなどにもともと設定してあり、金利はだいたい18%ぐらいまで変更はないです。他方の返済クレジットは、普通は買い物価格に対してのリボルビング払いで年利に換算で12%から24%と幅がでます。が返済クレジットは購入対象物によって、例えば通販サイトが手数料負担してくれるので単なる分割払いになることもあるので、その時には金利負担ゼロであるためにお得です。つまり返済クレジットは、購入契約時の金利負担に優遇があれば、キャッシングよりもかなりとくとなるので、同じ商品を購入するにしても手数料優遇があるかどうかを購入先の選定の要素にするといいと思われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *